着物買取りで取り扱い可能な品目:丸帯

着物の装いとして考えたときに、欠かせない品物として小物類があります。
洋服と同じ用に着物のコーディネートに関しても、小物類によってセンスが現れることが多いですので、鞄や帯留などにこだわっている人も数多くいます。

着物買取店では着物の買取を行っていることは勿論ですが、その他にも丸帯などの和装小物についても買取を行っているところが多いです。
和装小物と言っても豊富な種類がありますし、品物の状態や素材、ブランドごとに着物買取店での査定価格は様々な金額になります。

着物と合わせる形で帯などの和装小物に関しても、不用品として眠らせているのであれば、着物と一緒に着物買取店に持っていくことで売却ができます。
和装小物として代表的なものには帯があって、袋帯や丸帯、名古屋帯など状況に応じて使い分けができるものがあります。

帯についても着物と同様に、旗谷や有名作家のものかどうかによって着物買取店での買取価格が左右されます。
知名度の高い旗谷や有名作家が製作した帯であれば、着物そのものよりも高額な買取価格が付けられることもあります。
帯の種類としては紬や西陣など様々なものや、素材についても価値が変わってきますので、種類がわからない場合のときにはしっかりと査定をしてくれる着物買取店に持っていくことが大切です。

丸帯は花嫁衣装の振袖として使用されるもので、元々は礼装用として使われるものの多くは丸帯でしたが、昭和頃から袋帯が使用されることが多くなったものとなります。
様々な帯の種類の中でも、丸帯に関しては高値が付けられる可能性も十分に考えられますので、着物買取店に持ち込むことによって高額な金額で買い取ってもらえる可能性があります。

袋帯と比較したときに、帯を締める際に扱いにくい点もありますが、高級感や重厚感があるために他の帯ではまねができない魅力があると言えます。

買取を行っている店舗としてはリサイクルショップなどもありますが、着物を専門的に取り扱っている買取店のほうが入念に査定を行って買取価格の判断をしてもらえるために、売却するのであれば専門店のほうがおすすめです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ