着物買取りで取り扱い可能な品目:博多帯

徳川幕府が日本を統治していた江戸時代、外様大名だった福岡の黒田藩から幕府への献上品だった博多織。その引き締まった織と締めたときの独特な絹鳴りで知られ、博多帯のトレードマークともいえる献上柄の帯は、女性用の普段着に合わせる半幅帯はもとより、花柳界では芸者が粋を装う帯として、さらには男性用角帯の場合、相撲の世界では幕下以上の地位がなければ献上柄の博多織の角帯は締められないことから、一種のステイタスでもありました。

着物買取における博多帯の位置づけについては、豊富な流通量もあって、その品質や程度によって大きな差が生じるアイテムです。女性用の帯としては、比較的遊び着のアイテムとして位置づけられる博多帯だけに、ごく一般的な献上柄の半幅帯などは、着物買取の査定において高額査定がのぞめません。男性用の角帯にしましても、綿や化学繊維で織られたものは着物買取でほとんど査定がつかないのが現状です。

そのいっぽうで、モダンな図柄で織られたタイプや、古典的な献上柄であっても伝統工芸士による手織りであれば、着物買取の担当者が目を光らせます。いずれも希少性が高いだけでなく、特に伝統工芸士によって織られた博多帯には、伝統工芸のマークが印刷されたシールが貼られているだけでなく、伝統工芸士自身による署名などが入った証紙や保証書がついています。これらは着物買取において重要な高額査定へのアピールポイントとなりますから、購入後も大切に保管することを忘れないことです。新品のみならずリサイクルにおいても流通量が多い博多帯だけに、ちょっとした違いやレア感が査定のさいに大きな金額の差を生み出します。

さらに着物買取を依頼するさいに気をつけておかなければならないポイントとして、帯の場合は特に使用感があげられます。力がかかりやすい部分だけに織りしろがつきやすいだけでなく、食事や汗などで汚れがつきやすいため、もし気になる部分があればベンジンなどで汚れを落とすなどして、少しでも程度の良い状態で着物買取にのぞむ姿勢が大切です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ