着物買取りで取り扱い可能な品目:帯留め

眠ったままになっている着物を、着物買取店に売却したい人は多いと思います。
着物を着用するときには、着物そのもの以外の小物類についても欠かせないものと言えます。

小物として着物用の鞄であったり、帯留めにこだわることで集めている人も多いです。
着物を着物買取店に売却しようと考えたときに、帯や帯留めなどの小物類について一緒に買い取ってもらえるのか気になっている人もいるでしょう。
多くの着物買取店では小物類に関しても買取品目として取り扱っていますので、買い取ってもらうことが可能です。

小物類では価値が付かないのではないかと感じている人もいると思いますが、価値のある種類のものであれば思わぬ高値で売却できる場合もあります。
帯留めは装飾用の小物となっており、帯締めの両端につけた金具のことを指します。
現在では帯締めに飾るためのものとなっており、手軽に個性を出すために使用されます。
象牙が使用されているものや、瑪瑙を使ったもの、金工師によって製作されたものなど素材に関しても様々な種類のものがあります。

また、金属や鼈甲、ガラスや宝石類が使われているものなど多様な種類があって、古典的なデザインのものから現代風のものまで様々なです。
四季に合わせることで揃えている人も多いですし、好みで様々な種類のものを集めている人も多いですので、使われなくなったものを持っている場合には着物買取店に売却することが可能です。

帯締めや帯揚げに関しては、柄や色を着物に合わせる必要のある小物類と言えますが、帯留めについてはどのような色柄の着物であっても馴染むものが多いですので、品質が良ければ着物買取で高額な価格で買い取ってもらえます。
帯留めに関しては、他の和装小物と同様に着物と一緒でなくても、単体で買い取ってもらうことも可能です。
必要のない帯留めを持っているときには、着物買取店に買い取ってもらえるか査定を受けてみることがおすすめとなります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ