着物買取りで取り扱い可能な品目:銘仙

銘仙は平織の絹織物で大正時代から昭和にかけて女性のふだん着として流行しました。銘仙の技法は経糸とよこ糸をわざとずらして織ります。このように織ることで色の境界がぼけて柔らかい印象になります。銘仙の産地により特色があります。足利、桐生、伊勢崎、秩父などの地方で織られていました。

特に足利銘仙はデザインとお手頃価格、宣伝力で当時流行し日本全国に広がりました。現在見ても古さを感じさせない斬新なデザインです。着物買取にはフォーマルに着用する訪問着や振り袖が高額で引き取られることが多いですが、銘仙のようなレトロな着物はアンティーク着物として近年注目を浴びています。柄が洋服がらに近いこと、夏以外の3シーズンに着用できること、お手頃価格であること、カラフルであることなどの理由から現代女性にも好まれている理由です。

近年ではアンティークレトロな着物の流行もあり若い女性にも好まれています。
大正時代に流行した着物ですが最近では数が少なくなり希少価値が高くなったのも着物買取の時に高額査定になる理由です。保存状態がよければ査定額があがりますし証紙がついていればさらにプラスの買取査定額がみこまれます。着物買取のときには忘れずに証紙をつけて持参したほうがよいです。証紙は生産地の織元が発行するものなのでその産地の着物であることが証明されます。着物買取は今着る必要のない着物を手軽に処分できる便利な方法です。着物買取額を高く査定してもらえるように証紙など着物の証明になるものは事前に準備をして上手に利用するのが良い方法です。

銘仙の数は減少して現在では手に入れることが困難になりましたが手に入れることができたら希少価値のある着物ですから大切にして保存して着用していきたい着物です。絹織物なので基本的には自宅で洗濯することができませんが専用の洗剤を使い洗濯することもできます。最近は着物として楽しむ以外にもバッグなどの小物や洋服へリメイクして楽しむ女性も多くなりました。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ