「着物の種類」の記事一覧

高額買取が期待できる着物の種類

hurisode

着物買取ではそれぞれの着物によってつけられる価格が異なります。 まったく同じように見えたとしてもそれを作った職人や生地の品質などによって、価格は大きく異なるのです。 しかしそうした着物買取の中では、高額買取が期待できる着物の種類というものがあるのです。 ではどういった着物であれば着物買取において高額買取が期待できるのかというと、まず最初に出てくるのが格の高い着物です。着物にはさまざまな種類がありますが、それぞれによって格というものが決まっています。 例えばイメージしやすいもので言えば振袖などがありますが、これは未婚女性が着用できる着物の中でも特に格が高い着物ということになります。そのため豪奢な意匠が凝らされたものが多く、また着用機会もそれなりに多いため、高額買取を期待することができるのです。 その他にも訪問着や留袖、色無地といったような着物に関しても広く活用できるため、買取価格に期待ができるでしょう。 しかしここで覚えておきたいのが、紬などの普段着だから買取価格が安くなるとは限らないということです。 というのも、こうした普段着は庶民が広く使用するものであったため、それだけ伝統工芸によっ・・・

着物買取で買取可能な着物の種類:紬

tumugi

着物買取では中古品としての需要がある着物のみが買取の対象として扱われており、その中で紬などの普段着はあまり買い取ってもらえない商品となっています。 特にウールやポリエステルといったような大量生産品となると、それがアンティーク着物などの特別な物でない限り買い取ってはもらえないでしょう。 ただ、これはあくまでも生地の品質があまり良くないこと、そして大量生産品であるために価値が低いということが原因です。 そのため生地の品質が良かったり、大量生産品では無い貴重なものであるというような場合には、紬であっても高価買取を期待できます。 さて、では着物買取で人気が出るのはどういったものかというと、基本となるのは伝統工芸品ということになります。 例えば鹿児島県の奄美大島でのみ作られる大島紬は非常に高い人気があり、多少汚れがあったとしても高価買取が期待できます。 訪問着や留袖などのように慶事の場に着用していくことはできないのですが、独特の風合いがあるために着物として価値が高く、着物愛好家であれば欲しいと感じることは間違いありません。 同じく伝統工芸品である結城紬も人気が高く、これもやはり高価買取を期待して・・・

着物買取で買取可能な着物の種類:小紋

kosode

日本を代表する伝統文化であるはずの着物ですが、着付けが面倒であることや、着る機会が限られていることなどから、タンスの奥深くにしまわれがちです。 いつか着ようと思っていても、なかなかチャンスは訪れず、月日は経過していきます。思い切って、着物を廃棄するには、心苦しいですが、誰かが必要としてくれるのであれば、それに越したことはありません。 その誰かの目に触れるためには、着物買取業者に買い取ってもらうのが、一番良い方法です。 買取可能かどうか、出張査定・持ち込み査定等あり、各人の都合に合わせて選択することが可能なうえに、それほど待たずに結果を知ることが出来ます。 また、帯・帯留め・和装小物など、着物に付随した道具すべて、査定、買取が可能ですので、一式お願いできることは、大変便利です。 しみがあるなどして、買取可能か迷う場合もありますが、まずは問い合わせをしてみることからがスタートです。思いのほか、高値が付くことも多々あるからです。特に、着物の種類の中で、小紋は、普段使いに利用されることが多いため、需要もかなり豊富ですので、試す価値があるかも知れません。 それと、着物買取は、単純にリサイクルショ・・・

着物買取で買取可能な着物の種類:振り袖

hurisode

振り袖は、古くから未婚の女性のために作られた、若々しく、美しい着物です。結婚式やパーティーなどといった華やかな場では、未婚の女性にふさわしい姿として多くの人達に喜ばれ、衣装によって花を添えることが出来ます。しかし既婚女性になると、改まった場へ振り袖を着て行くことは差し控えます。したがって、こういった着物をどのように保管しておくかは、悩むところとなります。付随する小物などもかさばるため、家の収納のために、よい方法がないかと考えることがあります。 そんな時に役に立つのが、着物買取業者です。業者に依頼をして、買い取ってもらうことは有意義な方法となります。着物買取業者では、業務を継続して続けるためには、多くの価値のある着物を手元に揃えておくことが必要になります。したがって、美しい振り袖でもう着なくなったものは、買取可能である可能性が高いため、着物買取業者に持ち込み、相談をすると有意義です。 この時代、多くの外国人が日本を訪れ、日本的な文化や歴史を理解しようとしています。お土産などに、着物を購入する人達も多くいます。新品の着物は高価なものが多いため、中古品が売れています。振り袖などは、他の国には・・・

着物買取で買取可能な着物の種類:訪問着

houmongi

着物買取で買い取り可能の商品として取り扱われるのは、基本的に中古として販売されても需要がある着物だけです。 そのため普段着などになるとなかなか着用する機会が無く、需要も少ないため買取の対象からは外されることが多いのです。 ですがこの点において、訪問着はさまざまな場所に着用していくことができる格の高い着物ですから、買取可能であるどころか人気商品として買い取られるようになっています。 しかしながら、ここで必ず考えておかなくてはならないのがそれぞれの訪問着の品質についてです。 格式の高い着物である以上、これはさまざまなところで作られています。 加賀友禅や西陣織といったような世界でも有名な伝統工芸はもとより、最近ではデパートなどでも販売されるようになっています。 しかし伝統工芸品と大量生産品が同じ価格で販売されるということはありませんし、プロが見ればその価値には雲泥の差があります。 デパートで販売されている大量生産品の着物は新品としての価格もかなりお手ごろになっているものですから、そうしたものをわざわざ中古の着物で探すという人はあまりいません。 そうした事情があるため、大量生産品の着物に関して・・・

着物買取で買取可能な着物の種類:付下げ

tukesage

近年では一般的に着物を着用する人が少なくなっていると言えますが、着物といっても様々な種類があります。 使わなくなっている着物を持っている場合には、着物買取店に持ち込むことで売却することが可能ですが、全ての着物が同じ扱いを受けるというわけではありません。 着物の買取を実施している着物買取店には買取品目というものがあって、買取をしてくれる品物とそうではない品物があります。 着物買取で多く取り扱われるものとして、訪問着や留袖、振袖などの礼装があります。 その他に付下げというものがあって、着物買取店で買取可能な品物となります。 付下げは訪問着などの礼装用の着物と比較すると、格が下になる種類のもので、気軽に着用することができるランクの着物になります。 付下げは模様が上向きになるように柄付けが施されており、礼装用のものよりもさらに略式礼服とされる社交用に着用される着物です。 既婚、未婚を区別することなく着用できる着物で、模様が少ない特徴のために控えめの印象を与えることができます。 訪問着の場合には合わせる帯は袋帯のみとなりますが、付下げでは袋帯以外の名古屋帯などと組み合わせることもできます。 使い・・・

着物買取で買取可能な着物の種類:色無地

iromuji

着物買取では正絹の着物であり、かつ状態が良いという条件を満たしていれば大半のものが買取可能とされるようになっています。とはいえ着物の価値は生地だけで決まるというような物でもなく、格式によってもやはり価格の差というのは出てきますから、着物買取前には買取可能な商品を見ると同時に着物に関する知識を仕入れておくことが必要です。 さて、そうした格式ごとに着物を見ていく中で、略礼装という格式に入るのが色無地です。 これは黒地以外の色が入った生地で作られた着物のことであり、洋服で言うとややカジュアルなドレス、フォーマルなワンピースといったようなものになります。 紋によって格式が大きく異なるのが色無地の特徴で、例えば一つ紋であればそのまま略礼装として、三つ紋であれば訪問着よりも格式が高い着物として着用することができます。 加えてこうした着物には珍しく、色味が抑えられた物に黒色の帯を合わせることでお通夜や法事などの弔事の際にも着用できるという利点があります。 こうしたオールラウンドに活躍できる着物であるため、着物買取では好まれて買い取られているのです。 紋が付いていると着用する人を選ぶのではないかという・・・

着物買取で買取可能な着物の種類:色留袖

irotomesode

着物買取で高値が付きやすい着物の種類には数多くありますが、その中でも比較的高額買取がよく見られるのが色留袖です。 これは留袖と呼ばれる種類の着物の中でも生地の色が黒以外になっているものであり、色留袖は最上級の礼装となる黒留袖に次ぐ高い格式をもつ着物です。 着物買取ではその高い格式はもとより、色が付いていることによって華やかに見えるという着物としての特徴も好まれるようになります。 ですが、色留袖といっても着物買取では大きく分けて二つの種類で考えられるということは注意が必要です。 まず一つ目となるのが五つ紋が入った留袖です。 これは留袖自体に家紋が入っているため、状況によっては使いづらいと考えられることがあります。 女性は結婚した後で家紋が変わることが多く、かつ着物に関しては結婚前の家紋を入れるというのが主流であるため、そこまで違和感が生じるというわけではありませんが、黒留袖のように貼り紋で紋を変えるということができない着物になっていますから、この点について考えておくべきです。 特に紋について重要視しない業者であれば問題なく高値で買い取ってもらえますが、紋を重視するようであればやや価格が落・・・

着物買取で買取可能な着物の種類:黒留袖

kurotomesode

着物は格式によってさまざまな種類に分類できますが、その中でも特に格式が高いものとして知られているのが黒留袖です。 これは地色が黒となっており、左右のすそ野部分にのみ模様を配置しており、かつ袖が振袖のように大きくないという特徴があります。 着物としては既婚女性の第一礼装、つまり洋服におけるドレスのようなものであり、需要は非常に高いものがあります。 着物買取では基本的に需要が高く転売されやすい着物ほど高い価値が付くようになっていますから、黒留袖も当然買取可能で、かつ高額買取が期待できるのです。 さて、ではどうして着物買取における需要が高いのかというと、これはまず着用する機会が比較的多いということが理由になります。 特に身内の結婚式や仲人となった結婚式などでは既婚女性が着用する着物となりますから、非常に活用しやすいのです。 着用機会が多ければそれだけ多くの人が欲しがるわけですから、それだけ着物買取でも価値が付きやすいという事情があります。 また着物自体の品質も優れているため、着物自体としての価値も高いという特徴がありますから、よほど状態が悪いわけでもない限り買取可能だということになるのです。・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ